捻挫・肉離れ

  • 早く痛みをどうにかしたい
  • 捻挫や肉離れによる後遺症を残したくない
  • 捻挫や肉離れを繰り返しやすい
  • 一日も早く痛みをとって復帰したい
  • 試合までにコンディションを万全にしたい

捻挫や肉離れは、初期に正しい対処を行うことが非常に大切です。

足を痛めているのに無理にスポーツを続けてしまうと、徐々に筋肉が硬直し、治った後も全身のバランスが崩れることで、パフォーマンス低下や何度も捻挫や肉離れを繰り返しやすくなります。

今後もスポーツを長く楽しんでいくためには、早期に対応することが重要です。

捻挫や肉離れでお困りの方は、アンビー熊本整骨院に一度ご相談下さい。

合志市 アンビー熊本整骨院の捻挫・肉離れ施術

怪我をしてすぐの急性期と呼ばれる期間は、痛みや状態に合わせた無理のない施術に加え、アイシングや必要に応じて固定などを行います。

その後はできるだけ安静にして休養を取ってください。

慢性期は組織の修復を促進するように、筋肉の柔軟性・関節可動域を高めるための施術を行います。

当整骨院では、どの組織に痛みが出ているのか確認し、痛めた場所が今どのような状態にあるのかを把握したのち、体全体の歪みがどのように影響を与えているかに着目しています。

施術の種類によっては痛みを伴うこともありますが、お一人お一人に合わせて強弱を調整するため、柔軟性と可動域の改善が見込めます。

施術を受けた方からは、「痛みが減って軽くなった」「手技が気持ちいい」との感想を多くいただいております。

また、症状の程度によりますが、組織の修復を早めることを目的とした固定処置も実施していおり、ケガの度合いや年齢、生活環境を考慮した上で早期復帰を目指します。

通っていただく目安

個人差はありますが、二週から三ヶ月の期間を目安とお考えください。

急性期はできるだけ多く(週に3回以上)、慢性期は週に2回以上は来ていただくことが理想となります。

とはいえ、怪我をした後できるだけ早いタイミングでアイシングと適切な施術を行うと痛みが早く取れやすく、また予後も大きく違ってきますので、できるだけ早くお越しいただくことをおすすめしています。

痛みを取るだけではありません!

痛みが取れたら終了、という対処が取られることは多いですが、当整骨院では身体のパフォーマンスを上げることをゴールとしています。

合志氏 アンビー熊本整骨院で実施している骨盤矯正・猫背矯正・ソフトブロック施術は、怪我をしにくく、且つ実力を発揮できる体づくりに効力を発揮します。

以下に当てはまる方は、一度ご相談ください。

  • 体内にペースメーカーや金属が入っている方
  • 内科的な疾患がある方
  • 発熱している方
  • 腫瘍などの疑いがある方

捻挫・肉離れの原因とは?

捻挫とは、スポーツなど体を動かしている最中に、何らかのきっかけで関節に負担がかかり、靭帯が引っ張られて痛めてしまうことを言います。

また、肉離れとは、ジャンプなどの急激な動きによって筋繊維が切れたり伸びたりしてしまうことで起こるものです。

いずれも、安静にしていれば少しずつ痛みは引いていきますが、その間何もせず放置したり自己流で処置をしたりすると、何度もケガを繰り返しやすくなるなど後々弊害が生じることも少なくありません。

だからこそ、ケガをしてしまったらできるだけ早く適切な処置を行うことがとても重要です。

捻挫や肉離れを放っておくとどうなるの?

捻挫によって伸びた靭帯は、痛みが引いたとしてもなかなか元に戻ることはありません。

その伸びた状態でいつも通りハードな運動を続けることで再度ひねりやすくなったり、ひどくなると関節の変形を引き起こすケースもあります。

また、肉離れは筋肉を覆っている筋膜と呼ばれるものが破損している状態ですので、そのまま走ったりジャンプしたりすると、また同じことが起こります。

もちろん、両方とも自然に痛みが引いていくこともありますが、時にはどんどん悪化するケースも存在します。

その場合、一時的には回復したかと思える状態になりますが、後になって再発しやすくなり、 治癒もどんどん遅れてしまいます。

また、痛みがある部位をかばいながら過ごすため、他の部位に負担がかかって二次的な不調に繋がりますので、そうなると日常生活にも支障が生じるようになります。

「たかが捻挫や肉離れ」と安易に考えず、ぜひ一度ご相談ください。